So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

過払い 神戸簡裁 [過払い請求]

私自身も、数年前は平均週1回以上程度は神戸の簡裁に過払い訴訟のため、よくいっていたのですが、最近は下手すると月1,2回程度になっています。過払いの件数の減少、加えて、貸金業者の淘汰、受任する大手の専門家の広告攻勢など、さまざまな理由があります。 実際、たまにいってみますと、同業の司法書士はめったに見ませんし、弁護士も過払い事件以外で出廷していることがほとんどです。

過払い クレサラ問題 一方の責任 [過払い請求 神戸]

前回は業者の法への認識の甘さが招いたところに責任がある、といいました。


しかし、これはあくまで法律論。


私の感覚としては、それぞれに責任はある、と思います。

しかし、それでも消費者の責任は少なくてしかるべきでしょう。

10振り分けるとするなら、業者は9。


そして、残り1のうち、消費者が1ではなく、消費者はいいとこ0.2ぐらいで

残りは国の借金に関する行政・立法・教育の不十分さにあると勝手に思ってます。

過払い請求 [過払い請求]

過払いの返還請求を受けることに対し、一部の業者は法の不整備が問題で、

両方合意のもとにやってるから、と言って被害者意識が強いようです。


また、借り手側も、結構な数の人が同様の認識を持っていて、

過払い請求をすることをしない方も多いです。


しかし、その認識自体が業界全体で作られたもので、

過払いが発生する原因は金融のプロである業者側の

法への認識の甘さが招いた事態であると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

過払い請求 5%の利息 [過払い請求 神戸]

前回の続き。


5%の利息について、争いになることが多いですが、

今後はむしろそこのみが問題になりそうです。


バックに銀行のある大手などに対しては、厳しくやってる事務所であれば、

元本の9割5分~満額であれば訴訟せずとも返してくるようになりつつあります。


1年前では6割~7割であったことを思えば、訴訟しない場合は随分よくなったと思います。



司法書士 募集 神戸


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
前の4件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。